結婚指輪の正しい選び方|コツコツ探して未来永劫の幸せ

ウェディング

活用しやすいもの

リング

使う場面を考えて

多くのカップルが婚約指輪を一緒に選んでいます。一生に一度の大切な愛の証。どれにするかを迷ってしまうものです。どうしてもジュエリーのきれいさや、デザインの優美さなどで選んでしまいがちですが、せっかくの婚約指輪を眠らせたままにせず、できるだけ多く身に着けたいと考えている人には、どういった場面で身に着けるかを考えることが大切です。結婚後に結婚指輪を付ける機会として考えられるのは、招待された結婚式、ホテルなどでの記念日の会食、同窓会、子供の入園式などの行事があります。婚約指輪を付けるときには、結婚指輪と重ね付けをすることが多いですが、それらの高さがそろっていないときれいに見えません。なので、婚約指輪を上手に活用したい人は、結婚指輪と高さを揃えることが必要です。

人気のエタニティリング

婚約指輪の中で、最近人気があるのが「エタニティリング」という指輪の全周に同サイズの宝石が飾られたデザインのものです。エタニティは英語で永遠を意味し、元々は、結婚10周年記念に贈られるスイート10ダイヤモンドの定番でしたが、たくさんの宝石が並んだ優美なデザインで人気が高まり、婚約指輪として選ばれることが増えてきました。エタニティリングは、優美なデザインでありながら、普通の結婚指輪よりもあらゆるシーンに合わせやすいですし、高さが均一なので結婚指輪との重ね付けもしやすいという特徴があります。このようにエタニティリングは上手に活用しやすい人気の指輪なので、婚約指輪をできるだけ多く身に着けたい人や、婚約指輪の代わりに少し豪華な結婚指輪が欲しい人におすすめの商品です。